巻き爪改善ガイド

自分の身体は自分で治す!?

どんな病気でも、できることなら病院のお世話にはなりたくないものですよね(汗)。
ニオイや独特の冷たい空気、息が詰まりそうな緊張感…。

ましてや巻き爪で病院に行くとなれば、
「手術だろうか」「痛いんだろうか」

「爪をはがされるんだろうか」
…という恐怖&不安感にさいなまれることでしょう。

 

病院なんて行かなくても、自宅にいながら自分で治すことができれば…
そう思うのも無理はありません。

 

そうはいっても、果たして巻き爪は自分で治すことができるものなのか!?
正解は…。

 

自分で治せる段階の巻き爪もあれば、
素人の手には負えない段階の巻き爪もあります。

 

巻き爪が進行すると、
曲がった爪が皮膚に食い込んで炎症や化膿を起こすことがありますが、

こうなるともう素人では手に負えないでしょう。
自分で治すのは難しいと思います。

 

「皮膚に食い込んだ部分の爪を切って、
傷は消毒すれば良いんじゃないの?」

…と思う方が多いと思いますが、巻き爪はそれほど単純なものでもありません。
消毒液の種類によっては、

かえって炎症や痛みを悪化させることもありますし、
爪を切れば切るほど「巻きやすく」なってしまう場合もあります。

これでは悪循環ですよね〜(苦笑)

 

自分でできる巻き爪ケア

では、初期の段階に自分でできる巻き爪ケアとは
どのようなものなのでしょうか?

もちろん個人差はありますが、ネットの口コミなどによれば、
次のようなグッズを使ったケア方法が効果テキメン!

みなさんも、気になる商品があればぜひ1度試してみてください★

 

●マニクイック・ポケット
自分で爪のケアができる精密機器です。

なんと、いわずと知れたスイスの一流精密機器メーカー、「マコル」社製!
品質の高さは、言うまでもありません。

爪に余分な負担をかけずに爪を切ることができますので、
爪切りやハサミのように深爪してしまう心配もありません。

あま皮や爪の回りの細やかなケアもできますので、
巻き爪のお手入れにもピッタリ!

お値段や約10,000円です。
参考サイト⇒http://item.rakuten.co.jp/direct-com/10000182/

 

 

●コットンパッキング
自分で巻き爪を治そうとしたことがある方なら、1度は試したことがあるハズ!

巻き爪と皮膚の間にやわらかいコットン糸を挟み込むというケア方法です。
手っとり早く痛みを緩和することができるオススメの方法です。

 

 

●巻き爪用やすり
皮膚に食い込んでしまった足の爪を自分で削り、

痛みを解消するために使うグッズ。
削る際には「後ろに引くように」して用いるのがコツ!

 

 

●巻き爪リセットテープ
最近は、

「浮き足歩行=足の指が使われていない状態での歩行」
をする人が増えているのだとか!

これには、昔に比べて歩く機会そのものが少なくなってしまったことや、
デザイン重視の靴選びが横行してることなどが影響しているものと考えられます。

浮き足は、結果として足の指を弱らせてしまうため、
巻き爪の原因にもなるんですよ★

 

この巻き爪リセットテープは、親指の裏側に貼っておくだけで
浮き足を改善してくれるというグッズ。

バランスのとれた歩行ができるようになりますので、
指にも自然に力が入るようになるハズです。

 

 

●ゾーリンゲン足の爪切りニッパ
折りたたみ式のバネがついた、爪切り専用のニッパ。

刃の形状も爪のカーブに合わせたものになっていますので、
爪に無理な力をかけずに爪切りができます。

自分で爪を切ると、ついつい余分な力が入って深爪してしまう
…と言う方にピッタリのグッズです。

 

関連記事