巻き爪改善ガイド

巻き爪は足にできやすい

巻き爪は、爪の縁が湾曲して周辺の皮膚に食い込んでしまうという症状。
爪は足にも手にもあるわけですから、

巻き爪ができるのは足だけとは限りません。
実際、巻き爪は手でもなるものなんです!

 

…しかし、どういうわけか、「巻き爪は足にできやすい」と思われがち。
確かに、一番多いのは足の親指の巻き爪なんです☆

同じ爪なのに、どうして手より足の爪が湾曲しやすいのか…?
その理由は、巻き爪の原因を考えてみるとよく分かります。

 

巻き爪の原因@ 靴

手よりも足の爪が巻き爪になりやすい理由の一つとして、
ズバリ「靴」があります。

足には靴を履きますが、手には履きませんよね(笑)?
合わない靴を身につけていることが、

巻き爪の直接的な原因になっている場合も多いんです。

 

例えば、いつも履いている靴で片足立ちをしてみてください。
親指が靴の先端に当たっていませんか?

もし当たっているようでしたら、
残念ながら靴のサイズが合っていません。

縦にもっと余裕のあるサイズがベター!
つま先の圧迫は、巻き爪の原因になります。

つま先には、最低でも1cmの余裕が必要ですよ◎

 

しかし、逆にサイズが大き過ぎる靴もダメです。
歩いている最中に足が靴の中で動いてしまうようだと、

爪や関節を痛める原因となります。

 

靴選びは「デザイン重視でサイズはテキトー」
という方も多いかもしれませんが、

靴選びにはじっくりと時間をかけるべき!

 

ぴったりと足にフィットする靴を選ぶのは思いのほか難しいことですが、
色んな靴を試着して慎重に選びましょう。

 

また、底の浅い靴、質感が柔らか過ぎる靴もNGです。
足は、身体の全体重を支える大切な部位。

靴は、その足をカバーする役割を持つものですから、
体重をしっかりと支えられるものでなければなりませんよ☆

巻き爪の原因A 歩き方

足の爪が巻き爪になりやすい原因の2つ目としては、
やはり「歩く」ということが挙げられるでしょう。

人間は二足歩行ですので、結局、
手よりも足に負担がかかっているということなんです。

 

足の爪に負担をかけない正しい歩き方って、
一体どのような歩き方なのでしょうか??

 

■筋肉を意識する
爪や指の関節に余分な力をかけないためには、

筋肉をしっかり使って歩くことが大切!
特に背筋と腹筋を意識して歩くようにすると、

足に余分な負担がかからないばかりか
姿勢がすっと整ってプロポーションもキレイに見えますよ♪

巻き爪対策だけでなく、美容のためにも、
筋肉をしっかり使って姿勢を正しましょう。

 

 

■肩、骨盤、足首を一直線に!
歩く時、猫背になっていませんか?

または、逆に、上半身が後ろに傾いたりしていませんか?
理想的な歩き方は、肩〜骨盤〜足首が一直線!

足と上半身を一緒のタイミングで出せるようになると、
足に余分な負担がかかりません。

 

 

■足の指で大地を踏みしめろ!
歩く時、指先をほとんど使わずにかかとだけで歩いていませんか?

指先に適度な圧力がかからないと、巻き爪や外反母趾などの
足のトラブルを引き起こしやすいという説があります。

 

実際、指先を良く使う人の爪は平らなもの。
指先を使わなければ使わないほど、

爪が丸くなってくるという報告もあるようです。

 

歩く際には、足の裏全体で大地を踏みしめ、
指先でしっかりと踏ん張るように心がけてみてくださいね!

 

関連記事