巻き爪改善ガイド

「巻き爪かな?」と思ったら何科を受診する?

爪が湾曲してしまう「巻き爪」、
変形した爪の角が指の皮膚に突き刺さったりしてしまう「陥入爪」。

 

違和感や痛みを感じていても、
何科を受診すべきかが分からずに症状をそのまま放置している方、

多いのではないでしょうか?

 

実は、「巻き爪は何科か?」ということは、病院によって違うのだそうです!

 

そもそも、巻き爪の治療法は大きく2つに分類することができます。
一つ目は、手術をして治す方法。

二つめは、矯正によって治す方法です。

 

この二つのうち、「どちらを受けるか?」によっても
何科を受診すべきかが違ってきます。

 

例えば、巻き爪の手術をする場合
形成外科や整形外科を受診することになります。

手術の方法として主に用いられるのは「フェノール法」という方法。
爪の根っこ部分を切り取って、爪の再生能力をなくしてしまうというものです。

 

ただし、「爪を残したい」という方のために
様々な治療法が開発されている現在では、

手術よりも「矯正」を選ぶ方が増えているのだとか。

 

「ネイルのオシャレを楽しみたい」という女性ゴコロの現れでしょうか!?

巻き爪を矯正するなら何科??

手術ではなく、爪を残した状態で巻き爪を治す、「矯正」
治療には長い時間がかかる場合もありますが、

「大事な爪を失うよりは…」と、手術よりも矯正の道を選ぶ方が増えています。

 

ところで、巻き爪の矯正を受けるには何科を受診すれば良いのでしょうか?

 

もちろん、手術と同様、
形成外科や整形外科でも巻き爪矯正を行っているところはあります。

ただし、矯正の場合は健康保険がきかないため、
治療費が高くついてしまう場合が多いもの。

 

そこで、病院ではなく、
フットサロン等で巻き爪の矯正を受ける方も増えているようです。

フットサロンというと、
「ネイル」や「フットケア」を行っているイメージが強いと思いますが、

場所によっては巻き爪の矯正を行っているところもあるんですよ☆

 

ただし、炎症や化膿を起こす段階まで悪化しているようなら、
事前に病院で診察を受けるのがベター。

 

「手術すべきか?」「矯正で治る範囲なのか?」
…自分で判断がつかないという場合も、専門医の指示を仰ぐのが無難です。

 

手遅れになってからでは遅いのですから…。

相談会に行ってみよう!

「巻き爪だと思うんだけど、何科に行けば良いのかわからない…」
…と迷っているあなた!

 

「何科を受診すべきか?」
「手術すべきか、矯正で十分なのか?」

「何科に行けばどんな治療を受けられるのか?」
…と、悩んでいるのはあなただけではありません!

全国には、あなたと同じように巻き爪で悩んでいる人がたくさんいるのです。

 

そんな方々を救うべく、無料相談会を実施している病院があります。
(詳細はコチラ

 

この相談会では、巻き爪の状態や巻き爪のケア方法などの質問に答えてくれる他、
なんと、必要に応じて有料の巻き爪ケアを受けることもできるんです!

 

治療法に悩んでいる場合は、
症状に合った治療方法を教えてもらうことも可能♪

 

料金についての相談にも応じてもらえますので、
気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

 

「何科でどんな治療を受けるべきか?」
自分では判断できないという方にもオススメです。

 

この無料相談会は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、那覇…
と、全国各地で行われているようですよ☆

関連記事