巻き爪改善ガイド

巻き爪はネイルサロンでも治せるの?

爪のオシャレやお手入れといえば、やっぱりネイルサロン。
自分でやるよりも断然キレイに仕上がるから…と、

定期的にネイルサロンのお世話になっている方も多いでしょう。

 

でも、この場合の“お手入れ”って、どこまでのケアが範囲なのでしょうか?
単に爪の形をキレイに整えてくれるだけ?

キラキラしたネイルアートを施してくれるだけ?
巻き爪の私は、行っても無駄なの!?

 

…実は、ネイルサロンでも巻き爪へのケアを行っているところは結構多いんです。
もちろん、病院のように本格的な手術をすることはできません。

湾曲した爪が皮膚に突き刺さって炎症を起こしたり
化膿したりしている場合、

その治療は“医療行為”に当たりますので
ネイルサロンでは対処できないのです。

 

「それじゃあ、ネイルサロンで行われている巻き爪の治療法はどんなもの?」
…と疑問に思いますよね。

 

ネイルサロンで行われている巻き爪治療は、
爪の湾曲を“矯正”するための治療が中心。

 

ただし、爪に穴を開けて“ワイヤー”を通して矯正する方法は
ネイルサロンでは行われず、ほとんどのサロンでは

“BSブレイス方式”を用いて治療を行うようです。

 

この方法は、巻き爪の表面にガラス材の皮膜を塗り、
その“張力”によって爪の湾曲を元へ戻すという治療法。

これなら、手術も必要ありませんし痛みもありません。

 

巻き爪のケアができるネイルサロン

一般的には、「発症したら病院に行って手術をしないと治らない」
…と思われがちな巻き爪ですが、

最近はネイルサロンでも巻き爪矯正を行っているところが増えているようです。
ここでは、口コミで人気のネイルサロンを2店ほどご紹介しましょう。

 

プルミエ

 

新宿3丁目駅C5出口より徒歩1分
(新宿伊勢丹、新宿御苑より徒歩3分)にあるネイルサロンです。

都会のど真ん中でありながら、静かで落ち着いた雰囲気が人気♪
こちらのネイルサロンで行われている巻き爪治療法も、「B/Sブレイス」方式です。

施術時間は約30分程(1本)で、症状改善には平均で6?9ヶ月ほどかかるようです。

 

気になるお値段は、1本5,250円。
月1回はプレートを交換しなければなりませんので、

半年でも3万円程度の出費は覚悟したほうがよさそうですね。

 

 

ARIA

 

目黒駅東口を出て、
目黒通りを白金方面へ徒歩約4分ほどの距離に位置するネイルサロンです。

 

忙しい方に最適な「ハンド&フット同時施術」が人気!

 

こちらのネイルサロンでも、「B/Sブレイス」方式の巻き爪矯正が行われており、
治療期間はやはり6?9ヶ月ほど。

費用も1本5,250円です。

 

ネイルアートは巻き爪の原因になる!?

こまめにネイルサロンに通って、ネイルアートのオシャレを楽しむ。
女性にとっては、美容院でヘアケアすることと同じくらい

当たり前のことになりつつあります。

 

最近では、爪の表面にジェルを塗り、その上にいろいろなアートを施すという
“ジェルネイル”と呼ばれるタイプのネイルアートが人気のようです。

 

自分でネイルアートをした場合、数日すると
色がハゲてきたり光沢が失われてきたりして無様な爪になりがちですが…。

このジェルネイル、1度の施術で平均2〜3週間もキープできるのだとか!
1〜2ヶ月以上もそのままという方もいるそうですが…。

これって巻き爪などのトラブルの原因にはならないのでしょうか!?

 

答えとしては、ジェルネイルをしたからといって
巻き爪になるという根拠や事例はないようです。

ジェルネイルで用いるジェルには柔軟性があるため、
爪に余分な圧力がかかり続けることはありません。

 

ただし、爪が弱い方や爪が傷んでいる方の場合は、
そういった可能性がゼロとは言い切れません。

きちんとしたネイルサロンであれば
そのリスクについても事前に説明してくれるハズですが、

不安な場合はネイルを施す前に相談しておきましょう。

関連記事