巻き爪改善ガイド

治すだけではなくプロを目指す!

足のトラブルの中でも、悩んでいる人が特に多いと言われている巻き爪。
かつては手術によって爪をはがす治療法が主流でしたが、

最近は“切らずに治す”方法が続々と開発されているようです。

 

また、治療とは別に、
巻き爪を予防するためのフットケアも若い女性を中心に大人気!

“癒しブーム”との相乗効果もあり、
フットケアのプロを目指してスクールを受講する方も増えているようです。

 

でも、フットケアのプロを養成するスクールって
具体的にどんなことを学ぶのでしょうか?

ここでは、いくつかのスクールを参考にしながら、
巻き爪ケアのプロを目指す方法について見ていきましょう。

 

☆スクール オブ ぺディ 

☆スクール オブ ぺディ 

 

横浜関内駅近くに本校を構えるトータルフットケアスクール。
行列のできる人気サロン「ぺディ・ケア」が運営しているスクールです。

 

このスクールを卒業すれば、ホリスティックフットセラピー協会からは
「ネイルケアスペシャリスト」のディプロマを、

ジャパンフットケア協会からは、
「B/S Spange登録証」を発行してもらうことができます。

 

こちらのスクールに設置されている
「巻き爪補正プロ養成講座」が目指しているのは、

単に“巻き爪補正ケア”ができるだけのスタッフの養成ではありません!
巻き爪の原因を当人と一緒に考え、

その人の足・靴・生活習慣を知ることで巻き爪を根本改善できるような
ネイルケアスペシャリストを養成しています。

 

例えば、学ぶのはこんなこと!

 

・巻き爪の理論(原因、禁忌事項、予防法など)
・巻き爪を防ぐネイルケア法

・根本的な解決法(トレーニング法など)

 

巻き爪の主な矯正法として学ぶのは、B/S Spange法と呼ばれる方法。
(形状記憶のプラスティック補正板を爪に接着し、爪補正をする)

 

講師は、ジャパンフットケア協会認定のB/S Spange指導者資格をもつ
ペディ・ケアの現役トータルフットケアスペシャリストです。

 

足と靴と爪の改善をトータルでできる本物のセラピストを養成します。

 

受講料は、12時間+現場研修10時間で約80,000円です。

 

☆ジャパンプロフットケアスクール

☆ジャパンプロフットケアスクール

 

大阪市中央区南船場の、地下鉄御堂筋線 心斎橋駅から
徒歩5分の場所に位置するジャパンプロフットケアスクール。

いわゆる、メディカルフットケアスクールです。

 

巻き爪のケアのみならず、角質・タコ(胼胝)
魚の目(ウオノメ・鶏眼)・爪水虫…等々、

あらゆる足のトラブルを改善するためのスキルを身に着けることが可能!

 

ドイツにも支社を持ち、
“「足治療(=ポダイアトリー)」の先駆け的存在”を自負する

こちらのスクールなら、
世界トップレベルの技術を修得できること間違いナシです!

 

短期間で集中して技術を習得することが可能のようですので、
会社員の方や既に開業されている方でも無理なく通うことができますよ☆

 

ちなみに、スクールディレクターである山本成美さんは、
ヨーロッパや北欧の進んだフットケア技術を習得。

「山本成美式メディカルフットケア」を立ち上げ、
体型化させた経歴をお持ちです。

 

その高い専門技術とサービスには定評があり、
テレビや雑誌などの各種メディアでもご活躍中です。

 

 

関連記事