巻き爪改善ガイド

目指せ!爪のキレイな女子!

気づいていましたか?
人って、意外と相手の細かい部分をチェックしているものなんですよ。

 

女子のみなさん!
メイクにばかり気を取られて、爪のお手入れがおろそかになっていませんか?

(最近の女子はそんなことないと思いますが…)
女性の爪は、男性にとっての「萌え」ポイントの一つ♪

手入れの行き届いたピンク色のキレイな爪で書類を渡されると、
思わずドキッとしてしまうらしいです(笑)。

 

また、爪は身体の健康状態を映し出す鏡としての役割も担うもの。
爪は皮膚や髪の毛と同様、“ケラチン”というたんぱく質でできているんです。

身体の栄養状態が悪いと皮膚がカサカサしたり、
髪の毛がパサパサしたりするものですよね?

それと同じように、爪にも健康状態が現れてしまうのです。

 

健康状態を良好に保つ上で大切なものといえば、やっぱり食事
食事の内容は、爪が弱くなったり巻き爪になったり…

といった様々なトラブルとも密接な関係があるのです。

 

爪に良い食事とは?

爪の付け根部分を、「爪母」と言います。
ここは、爪の細胞をつくる元!

文字通り、爪のお母さん的な役割を果たす部分なんですね。
爪の成長をコントロールするリンパ管と、血管が通っているため、

ここが内・外からの刺激を受けると
爪の形状や質、色などに変化が出てしまいます。

 

つまり、巻き爪になってしまう原因もこの「爪母」にあるというわけ!

 

では、爪を健康に保って巻き爪を予防するためには
どんな食事を摂ることが好ましいのでしょうか?

 

巻き爪予防のためにぜひ食事に取り入れて欲しい栄養素として
第一に挙げられるのが、「たんぱく質」です。

すでにご紹介した通り、
爪はケラチンというたんぱく質からできていますので、

たんぱく質の不足へ健康な爪にとって致命的なのです。

 

たんぱく質は、肉類、魚介類、卵、乳製品、穀類、
豆類などに豊富に含まれています。

 

また、その他にも次のような栄養素が巻き爪予防に効果的!
これを機に、普段の食事を見直してみてはいかがでしょうか?

 

コラーゲン:
爪の水分保持力を高める作用があります。

(ふかひれ、シャケ、ウナギ、カレイ、牛すじ、トリの皮、手羽先)

 

 

ビタミンA:
爪の潤いをキープします。

(レバー、うなぎ、ニンジンなど)

 

 

亜鉛:
爪の新陳代謝を高める作用が期待できます。

(牡蠣などの貝類、ゴマなど)

 

 

カルシウム:
爪の0.1%はカルシウムでできています。(魚類、牛乳など)

 

 

ビタミンD:
カルシウムの吸収を助けてくれます。

(タマゴ、干ししいたけ、まぐろなど)

 

 

ビタミンE:
血行促進効果があり、爪への栄養補給をサポートします。

(ナッツ類、植物油)

 

 

ビタミンB群:
たんぱく質の代謝やケラチンの生成に関与しています。

(肉類、タマゴ、青魚、豆類、玄米、レバーなど)

 

 

食事だけで巻き爪を予防するのは難しい!

巻き爪を予防するには、食事から摂取する栄養素を充実させて
爪の健康状態を良好に保つことが必須。

 

しかし、食事だけではなかなか十分量を摂取できない栄養素もあります。

 

そこでオススメなのが、サプリメントを利用した栄養補給!
特にビタミン類は、全てを食事からまかなうことは至難の技なので、

各製薬メーカーから出ている「マルチビタミン」系のサプリを飲むと良いでしょう。

 

ドラッグストアなどに行くとサプリメント専用のコーナーがあり、
いずれも手頃な価格で購入できるものが揃っていますので、

普段の食事と合わせて上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 

巻き爪をはじめとする爪のトラブルを予防できるばかりではなく、
お肌の調子もUPするかもしれませんよ♪

関連記事