巻き爪改善ガイド

巻き爪予防対策は今日からでもできる!

巻き爪は遺伝的な“体質”だから、予防なんてできない。
…そんな風に思っていませんか?

 

もちろん、体質的に爪が巻いてしまいやすい人もいますが、
多くの場合は日常生活の些細なことに起因して発症するんです。

つまり、巻き爪を予防するための対策は、
私たちのごく身近なことから始められるというわけですね☆

 

では、具体的にはどんな対策をとれば
巻き爪を効果的に予防することができるのでしょうか?

@靴との付き合い方

間違った靴選びや履き方は、巻き爪を発症させる原因になります。

 

正しい靴選びのポイントは、「長さ」「幅」に気を付けること。

 

まず、片足立ちで立ってみてください。
親指の先が靴に当たっていませんか?

もし当たっているなら、長さがNG!
巻き爪対策としては、

爪先に1.5cm程度の余裕のある靴を選ぶことをオススメします。

 

次は、靴の底をチェックしましょう。
靴の底がやわらかすぎたりしていませんか?

靴底は、ちょっと硬めなくらいがベスト!
なにしろ、身体の全体重を支えてくれるものですから…。

底がやわらか過ぎる靴は頼りにならず、かえって疲れてしまいます。

 

最後に、靴を履いて歩いている時の感覚です。
歩いている最中、靴の中で足が動いて爪先が靴に当たりませんか?

もしそうなら、それこそ爪を変形させる元!
ぶかぶか過ぎず、かといってキツ過ぎない靴を選びましょう。

 

理想を言えば、爪先が圧迫されるハイヒールは避けた方が良いでしょう。
仕事などでどうしても履かざるを得ない場合は、

デスクワーク中は靴を脱いだり、
サンダルに履きかえるなどの対策を取りましょう。

 

A巻き爪を寄せ付けない“正しい歩き方”とは?

あなたは歩く際、身体の中のどこを意識して歩いていますか?
「特にどこも意識していないけど…」

という方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

巻き爪を予防する対策として効果的なのは、
背筋と腹筋を意識して歩くということ!

筋肉でしっかり支えてあげないと、
関節や骨に余分な力がかかって骨格が歪む元になります。

 

骨格が歪むと、足が着地した際の爪先の向きが
まっすぐ進行方向を向かなくなってしまいます。

こういった微妙な力加減のズレが、
足の爪先に予想以上の負担をかけることになるのです。

 

そもそも足の巻き爪や外反母趾の原因の一つは、
爪先にうまく力が入らなくなること。

爪先に正しい方向から力が加わって“正しく踏ん張る”ことができれば、
爪や指の骨が変形してしまうことはないのです。

 

巻き爪予防対策としては、足の裏全体(かかと〜爪先)を使って
しっかりと大地を踏みしめることが大切です。

B巻き爪対策に効果的な爪切り

巻き爪対策を講ずる上で、絶対に外せないのが“爪の切り方”。
深爪が巻き爪の原因になることはすでに広く知られています。

 

対策としては、とにかく深爪をしないこと!
爪の先端に白い部分が1mm程度残る程度がベストです。

 

やすりで削れば、ストッキングなどを傷つけることもありません!
くれぐれも、肉が見えてしまうほど短く切ることがないようにご注意ください!

盛りあがった皮膚が、爪の伸長を妨害してしまい、
結果的に巻き爪になってしまいます。

 

「いつも使っている爪切りだと深爪をしてしまう」という方は、
巻き爪対策専用の爪切りを購入することをオススメします☆

 

普通の爪切りよりも爪にかかる負担が少なく、抜群の切れ味があるんです!

 

ちょっと値段が高めですが、巻き爪対策に持っていて損はありませんよ◎

関連記事