巻き爪改善ガイド

間違った靴選びは巻き爪の元凶!

痛い上に見た目にもグロテスクな“巻き爪”。
この巻き爪を予防するためには、普段の靴選びが大きなポイントとなります。

 

最も注意していただきたいのが、靴の先端!
パンプスやハイヒールのように先端部が細い靴は、

爪先が圧迫されるため巻き爪を発症しやすいのです。
デザイン重視で靴を選んでいる方は注意が必要ですよ☆

 

また、サポート力が高い靴下やストッキングも、
想像以上に爪に負担がかかっています。

 

爪先が常に圧迫されているわけですから、
爪の成長が妨害されて爪が巻いてしまったり、

皮膚にめり込んでしまったりする原因に…!

 

OLのみなさん、足を細く見せることも大切ですが、
爪先もいたわってあげてくださいね。

良い靴ってどんな靴?

では、巻き爪を予防する上で効果的な靴とはどんな靴なのでしょうか?

 

「スニーカーなら大丈夫」
「素材がやわらかい靴なら足に負担がかからない」

…と考えてしまいがちですが、実はそう単純なものでもありません。

 

ここでは、理想的な靴選びについて勉強しましょう。

 

※ちなみに、コチラのサイトではあなたの足のタイプを測定してくれます!
靴選びに迷ったら、一度相談してみてはいかが!?

 

 

◆軽ければ良いってもんじゃない!
靴は、私たちの身体の全体重を支え、

地面からの衝撃を吸収して身体を守ってくれるもの。
当然、しっかりした素材でなければなりません。

 

そのためには、適度な重みが必要。
特に靴底は、ある程度の厚みも必要です。

軽い靴=良い靴と思われがちですが、これは誤解です。

 

 

◆幅が広ければラクちん?
「サイズがキツイ靴は巻き爪になる」…と、

むやみにサイズの大きな靴を買う方がいます。

 

しかし、これもNG!
靴が大き過ぎると、

靴の中で足が前後左右に動いて爪を痛めてしまいます。
これではかえって巻き爪になりやすくなってしまいますよね!

自分の足の幅に適度にフィットするサイズを選びましょう。

 

※ただし、爪先には余裕があったほうが◎。
指を開いたり閉じたりできるくらいのサイズを選びましょう。

 

 

◆やわらかすぎる靴は足に優しくない!
素材が柔らかい靴は足に優しいと思っていませんか?

これ、実は間違いです。
やわらかい靴は確かに履きやすいように感じるかもしれませんが、

足や体重をしっかりと支えることができず、
かえって足や腰、関節などに負担をかけてしまうんです。

特に、かかとがしっかりしていない靴はもってのほか!

 

 

◆ヒモのある靴が理想的な理由とは?
靴を履いたり脱いだりする度に、

いちいち靴の紐を結んだりほどいたりするのって面倒くさいですよね。

 

しかし、すぐに履けるということは、
それだけ足が安定しない靴だということ。

靴の中で足が動いてしまうので、爪先に衝撃を与える原因にもなります。

 

巻き爪防止には、足をしっかり固定できる「ひも靴」タイプがオススメです◎

 

 

◆やっぱり「可愛さ」重視!?
「オシャレは足元から 」と言われるように、

靴の印象一つで全体のイメージはがらりと変わってしまいます。
そういう意味では、デザイン重視で靴を選んでしまうのも無理はありません。

 

しかし、ヒールのある靴ばかり履いて
恒常的に爪先に負担をかけ続けるのはオススメしません。

巻き爪になってしまったら、それこそ、
もう靴のオシャレを楽しむこともできなくなってしまいますよ!

 

「今日は歩く距離が長いからスニーカーにしよう」
「今日は電車だからハイヒールで良いかな」

…というように、ある程度靴を履き分けることによって
爪先への負担を軽減させるように心がけましょう!

関連記事