巻き爪改善ガイド

巻き爪には深爪厳禁!

最近は、キレイに爪を伸ばして
ネイルアートを楽しんでいる女性が多いですよね。

形や長さにもこだわる方は、
爪が伸びてきても切らずにヤスリをかけて整えるんだそうですよ〜。

 

一方で、「爪はしっかり切らなきゃ気持ちが悪い!」なんて、
伸びてきた白い部分が見えなくなるギリギリのところまで

短く切っている方もいるのでは!?

 

「でも、爪が伸びていると清潔感がないように見られるでしょ?」
と反論されるかもしれませんが…。

 

実はその深爪、巻き爪の原因になる可能性があるんです。

 

巻き爪は爪の切り方と深い関係があり、間違った切り方を続けていると
爪が巻いてしまうんですよ(汗)。

子供の頃から「爪はしっかり切って清潔に」と教えられてきた世代にとっては、
ちょっと納得がいかないような、腑に落ちないような…

いささか複雑な事実ですが、
爪の切り方が足のトラブルを引き起こす一因になることは

どうやら間違いなさそうです。

深爪はなぜ問題なの?

爪は、私たちの想像以上に強い力で皮膚を圧迫しています。

 

では、もしこの爪がなくなってしまったらどうなるか?
そう、下の肉(皮膚)が盛り上がってしまうわけです!

つまり、

 

深爪をする
⇒爪に圧迫されていた部分の皮膚が盛り上がる

⇒爪の成長を妨げる
⇒爪が曲がる

⇒巻き爪になる!

 

…という図式が成り立つわけです。
要するに、爪を切ることによって盛り上がった皮膚が、

新たに伸びてくる爪の成長を阻害してしまうというわけですね。

 

このことから、たった1度の深爪は、
巻き爪との永い戦いの始まりにもなり得ることが分かります。

「爪の切り方一つで!?」と思うかもしれませんが、
実際にそういった例は多いようですよ。

 

一度巻き爪を発症してしまうと、治療には長い時間と労力が必要となります。
当然、治療費もかさみますしね…。

 

正しい爪の切り方をマスターして、巻き爪を予防しましょう☆

正しい爪の切り方とは?

巻き爪を予防する上で、靴選びや歩き方と並んで重要なのが、爪の切り方。
まずは、深爪を避けることが第一ステップです。

伸びてきた爪の白い部分を1mm程度残すくらいの切り方がベスト!

 

第二ステップは、「形」です。
みなさんは、爪を切る時にどんな形に切っていますか?

もちろん、爪の形には個人差があります。
元々丸い形の人もいれば、四角い形の人もいるでしょう。

 

しかし、巻き爪予防として効果的だと言われているのは、
スクエア(四角)型に切る方法。

“スクエアカット”とも呼ばれる切り方ですが、
これは、角を丸めて切らずに“四角く”なるようにしてカットする切り方です。

 

「丸く切ったほうが女性らしく見えるのに…」
という方もいらっしゃるかもしれませんが、

スクエアカットにも指先がキレイい見えるというメリットがあるんですよ☆
「ストッキングに引っかかって伝線しそう…」という方は、

ヤスリで削って角を落とすと良いでしょう。

 

巻き爪を予防したいという方も、すでに巻き爪に悩んでいるという方も、
まずは爪の切り方を変えてみてはいかがでしょうか?

巻き爪専用の爪切りやヤスリなども販売されているようですので、
こういったグッズを試してみるのも良いかもしれませんね!

関連記事