巻き爪改善ガイド

巻き爪の痛みはどの程度なのか

文字通り、爪が巻いている状態が「巻き爪」。
「見た目はちょっと問題だけど、

痛くないなら放っておいても良いんじゃないの?」
と軽く考えてしまいがちなのですが…。

 

放っておくと、アーチを描くように湾曲した爪の両端が皮膚に食い込み、
場合によっては炎症を起こしてひどい痛みを伴うようになります。

傷口が膿んだり、そこからバイ菌が入り込んで
骨まで到達してしまったりする場合も考えられます。

こうなると、単なる痛みだけではなく
指の“機能”にまで支障をきたすことになり兼ねませんよ…。

 

巻き爪の痛みは、最初はチクチクと針で刺されたような痛みから始まり、
やがて、靴を履くことも歩くこともできないほどに悪化!

自ずと、痛みをかばって歩くようになりますので、
正しい姿勢で自然に歩くことが困難になり、肩こりや腰痛、

膝の関節痛など様々な二次症状を引き起こす危険性があります。

 

たかが爪と侮らず、
「形が変だな」と気付いた時点で専門医を受診するのがベストです。

早めに治療を開始すれば、何ら痛みを感じることなく
爪を正常な状態にまで矯正することが可能なんですよ☆

痛みを感じたら爪を切れば良い?

巻き爪で痛みを感じた時、ついついやってしまいがちなのが、
「食い込んだ爪の角を切る」という行為!

爪が皮膚に食い込んで痛みを感じさせているわけですから、
その元凶を切ってしまえば良いというのは

一見理に叶った方法にも思えるのですが…。

 

実はコレ、NGなんです。

 

巻き爪の角を切ると、確かに一時的な痛みからは解放されますが、
次に爪が伸びた時にはさらに巻き込みがひどくなってしまいます。

結果、以前よりもさらに深く爪が皮膚に食い込み、
痛みも強くなってしまうというわけ。

これでは悪循環ですよね…(汗)。

 

痛みを和らげるために爪を切りたくなる気持ちはよく分かりますが、
巻き爪の方はむやみに爪を切らないほうがベターです。

特に、ついつい深爪をしてしまいがちな方は要注意★
爪を短く切り過ぎると、周りの肉が爪を圧迫してしまいます。

その圧力で爪が湾曲し、結果として巻き爪になってしまうというわけ!
爪を切る際には、伸びた白い部分を1mm程度残して切るのがベストです。

痛みを感じない巻き爪治療法

一昔前まで、巻き爪の治療といえば激しい痛みの伴う外科的な手術が主流でした。
しかし現在では、痛みを感じない矯正治療で治すことが可能となりました。

 

矯正の方法は、
@爪に矯正具となるワイヤを装着し


Aワイヤの張力で自然に爪を広げる

…と言うシンプルなもの。

 

もっと具体的に言うと、ワイヤを爪に引っ掛けて、
左右のワイヤ同士をフックを用いて巻き上げて固定するのです。

 

「ワイヤを装着する、…って痛みを伴うんだろうか」
と不安に思う方がほとんどだと思いますが、

ワイヤの装着は拍子抜けするほど簡単で、痛みもほとんどないのだとか!
血も出ませんので、「血が苦手…」という方でも安心です。

 

早い人だと、ワイヤを装着した直後からすでに痛みが消えてしまうそうですよ☆
試してみる価値はありそうですよね。

血や痛みが怖くて巻き爪をほったらかしにしている…という方は、
恐れずに病院を受診しましょう。

関連記事