巻き爪改善ガイド

巻き爪の治療法あれこれ

巻き爪は、初期の症状であれば
自宅にいながらにして自分で治療することも可能です。

 

その場合、一体どんなグッズを使ってどうやって対処したら良いのでしょうか?

 

また、症状が進めば進むほど、素人の手には負えなくなっていきますが、
「病院に行ったところでどんな治療を受けることになるのか?」

…ちょっと不安ですよね。

 

ここでは、巻き爪の様々な治療法について詳しく見ていきます。

巻き爪の治療法あれこれエントリー一覧

どうにかしたい!巻き爪の痛み
文字通り、爪が巻いている状態が「巻き爪」。「見た目はちょっと問題だけど、痛くないなら放っておいても良いんじゃないの?」と軽く考えてしまいがちなのですが…。放っておくと、アーチを描くように湾曲した爪の両端が皮膚に食い込み、場合によっては炎症を起こしてひどい痛みを伴うようになります。傷口が膿んだり、そこからバイ菌が入り込んで骨まで到達してしまったりする場合も考えられます。こうなると、単なる痛みだけではなく指の“機能”にまで支障をきたすことになり兼ねませんよ…。巻き爪の痛みは、最初はチクチクと針で刺さ...
糸を使った巻き爪対処法 
爪がぐるりと湾曲してしまったり、曲がって皮膚に食い込んでしまったりする「巻き爪」。それなら、切ってもう一度伸ばせば良いじゃないかと簡単に考えてしまいがちですが、単に切るだけでは巻き爪は治りません。むしろ、切ったことが災いしてますます曲がってしまう…という悪循環になる場合の方が多いのです。それは一体なぜなのか?そもそも、どうして爪が曲がって伸びるようになってしまうのでしょうか?そこで登場するのが、「爪のアンテナ」です。「爪にアンテナがあるの!?」と、思わず首をかしげてしまいますよね(笑)。爪のアン...
痛くない巻き爪ケア 
巻き爪のケアというと、爪の根元の細胞ごと除去してしまったり、爪をはがしたり、ドリルで穴を開けたり…と、いかにも痛そうな治療法をイメージしがちではありませんか?痛くて歩けないほど辛いのに、「痛そうだから」「切るのは嫌だ」「料金が高い」…と我慢している方も多いのではないでしょうか?実際のところ、巻き爪治療はそんなに恐れるほどのものではありません!最近の巻き爪ケアは、“切らない”方法が主流。しかも、即効性がある上に、痛くないんです!「巻き爪ケアには痛みがつきもの」という時代はもう終わったと言っても過言...
コットンを使った巻き爪治療法
巻き爪は、見た目はもちろんのこと、なによりもその痛みが強烈です。長時間歩いたとき、ヒールの高い靴を履いたとき、先の細い靴を履いたとき、つまずいた時、つま先に思わず力を入れてしまったとき、足を踏まれてしまったとき…。普通の人には何でもないことが、巻き爪の方にとっては、それはもう!拷問のような痛みです。巻いた爪が皮膚に突き刺さり、その部分が化膿してしまったりしたら、見るも無残な状態になってしまうことでしょう。こんなことになる前に、巻き爪を自宅で簡単に矯正する方法があるんです☆病院での手術や本格的な矯...
巻き爪が膿んでしまった!
巻き爪は、爪が湾曲してしまう症状。ただ爪が曲がるだけならそれほど害はないのですが、症状が悪化すると爪の角がトゲのようになって指の肉に食い込んでしまいます。爪で傷つけられた部分からバイ菌が入り、化膿などの炎症を引き起こすことも珍しくはありません!このような化膿を引き起こすタイプの巻き爪は、「陥入爪」とも呼ばれるタイプ。激しい痛みを伴うため、歩くことすらままならなくなってしまいます。「それなら、食い込んでいる部分の爪を切れば良いのでは?」と簡単に考えてしまいがちですが、それほど単純なものでないのが巻...
巻き爪の正しいケア方法 
日本人の約10人に一人が発症しているとも言われている「巻き爪」。爪が不自然に巻いてしまったり、湾曲した爪が皮膚に突き刺さったり…。こんな時、どのようにケアするのが理想的なのでしょうか?巻き爪ケアには、専門的な知識と技術が必要!単に爪を切れば良いというものではありません。代表的なケア方法としては、巻き爪ケア専用の器具(ワイヤー・チップ・プレートなど)を爪に取り付け、巻いてしまった爪が平らになるように矯正する方法が知られています。似た例を挙げるとすれば、歯並びを治す時に歯に金具を装着するようなイメー...
巻き爪を矯正するには
巻き爪の治療法といえば、かつては手術で爪をはがす方法が主流でした。しかし、様々な矯正方法が生み出された現在は、爪を残したまま巻き爪を治療することが可能です。では、巻き爪の治療には具体的にどんな矯正法があるのでしょうか?ここでは、巻き爪の矯正方法について詳しくみていきます。
ワイヤー法で巻き爪を治す
かつては手術が主流だった“巻き爪”も、最近は矯正で治せるケースが増えています。矯正と手術…どちらにもメリットがあればデメリットもあります。しかも、一言で「矯正」といっても、その方法は様々。中でも最もメジャーな方法が、ワイヤー法と呼ばれる矯正法です。これは、簡単に説明すると、形状記憶素材のワイヤーを装着して爪を広げるという手法。具体的には、爪の先端にドリルで穴を2つ開けてワイヤーを装着し、1〜2ヶ月間ワイヤーを装着したまま爪を伸ばします。ワイヤーが持つ「まっすぐに戻ろう」とする力を利用して、徐々に...
巻き爪に優しいプロテクトクッション
自宅でできる巻き爪治療法として注目を集めているのが、「プロテクトクッション」という巻き爪治療グッズ。簡単に言うと、クッションがついた糸を爪の隙間に入れて、爪が指に食い込むのを防ぐという商品。巻爪の食い込みをやわらげる巻爪保護グッズですね!では、なぜ、巻き爪の食い込みを和らげる必要があるのでしょうか??これを理解するには、まず、「爪のアンテナ」について知ることが必要です。爪のアンテナとは、「爪がどこまで伸びたら良いのか?」を知らせてくれるもの。巻き爪は、このアンテナを失ってしまった状態ですので、爪...
巻き爪のことなら形成外科へ!
突然ですが、爪って皮膚でしょうか?骨でしょうか?この問いの正解次第で、「巻き爪は“何科”で治療できる症状なのか?」も見えてくることでしょう。「爪は硬いから、やっぱり骨じゃない!?」という方もいらっしゃるかもしれませんが…、正解は皮膚。爪とは、皮膚が変化したものなんです。つまり、巻き爪の場合は皮膚科に行けば良いというわけ!しかし、実際は「巻き爪=皮膚科」とも限らないのだとか…。巻き爪の担当は病院によって様々で、形成外科、整形外科、外科、皮膚科など、多岐にわたります。手術が必要な場合は主に整形外科、...
巻き爪の最新治療法
自覚症状のアリ・ナシは別として、日本人の約10人に1人は巻き爪であるというデータがあります。…というのも、痛みが出ている巻き爪というのは、すでにかなり症状が進行している状態。爪や指先が変形しているケースが多く、炎症や化膿、爪白癬(爪の水虫)を併発している場合がほとんどです。なぜ、そんな状態になるまで放っておいてしまうのでしょう?一つ目の原因として考えられるのは、単純に「気づかなかった」ということ。ネイルケアをやっている人は爪の状態にも敏感かもしれませんが、そうでなければ、なかなか自分の爪が変形し...
巻き爪の治療法ランキング
ぐねぐね曲がった爪や、皮膚に突き刺さった“トゲ”のような爪。巻き爪や陥入爪の治療法は症状によって様々ですが、ざっくりと2種類の分けることができます。一つ目の治療法は「手術」で、これが最もポピュラー。簡単に言うと、爪の根元にある「爪母」という組織を除去することで、爪が生えない状態にしてしまうのです。(※爪全体を対象とする場合もあれば、爪の幅を1/3程度狭くするだけという場合もあります)これは、古くから多くの病院で行われてきた治療法。ほかの治療法に比べて所要時間が短い点がメリットですが、数年後に再発...
巻き爪を手術で治す場合
今でこそ、痛みを伴わない“矯正”治療が主流となった巻き爪。しかし、一昔前までは、巻き爪治療といえば手術による治療が一般的だったようです。現在でも、症状の進行度によっては手術を余儀なくされるケースがあります。巻き爪の手術といえば、すぐに「爪を切除する」ことを想像する方が多いかもしれませんが、巻き爪の手術にも種類があります。ここでは、巻き爪の代表的な手術法についてご紹介したいと思います。