巻き爪改善ガイド

元気ですか?あなたの爪

突然ですが、あなたの爪はお元気ですか?
「爪なんて病気になるものなの?」と思うかもしれませんが、

爪は健康のバロメーター!
爪の形や爪の色の変化は、

内臓の病気を伝えるシグナルであると言われています。

 

また、逆に爪のトラブルが原因で身体に不調をきたすケースも少なくありません。

 

例えば、巻き爪。
爪が湾曲してしまったり、

極端な場合には爪がトランペットのように巻いてしまったりする病気です。
足の爪が巻き爪になってしまうと、歩き方や姿勢にも変化が生じ、

やがて骨格の歪みを引き起こします。
こうなると、血行やリンパ液の流れにも支障をきたすようになりますので、

ひいては重大な内臓疾患の原因にもなり得るのです。

 

また、巻き爪がひどくなると爪の角が皮膚に突き刺さるようになり、
「歩くたびに足が痛む」「靴が履けない」といった事態に!

このようなことにならないよう、
日頃から爪の健康状態をチェックする習慣を身につけましょう。

 

こんなにある!爪の病気

爪に起こる病気の一例として巻き爪をご紹介しましたが、
爪に関する病気はまだまだたくさんあります。

 

ここでは、巻き爪以外の「爪の病気」について解説してみたいと思います。

 

★爪甲層状分裂症
いわゆる、二枚爪と呼ばれる病気ですね。

具体的な症状は、爪の先が薄くはがれてしまうというもの。
多くは爪の乾燥が原因で発症し、

マニキュアを愛用している方に多いと言われています。
(マニキュアが原因というよりは、

マニキュアを落とす除光液が爪の水分を奪ってしまうんです!)
巻き爪予防ケアと同様、

ハンドクリームなどで爪の潤いをキープするよう心がけましょう!

 

 

★爪甲白斑症
爪に白い斑点や帯状の線ができる病気。

この病気も、マニキュアが原因ではないかと考えられています。

 

 

★爪甲軟化症
爪が異常なほど柔らかくなってしまう病気です。

原因は、爪に含まれる「ケラチン」という成分の不足。
このタイプは、同時に巻き爪も発症しやすいため、注意が必要です。

爪に必要な栄養が行き届くよう、たんぱく質を十分に摂取しましょう。

 

 

★爪白癬
爪の病気の代表選手といっても過言ではない病気!

いわゆる、水虫ですね(苦笑)
水虫は、白癬菌というカビの一種が皮膚に繁殖して起こる病気です。

爪も広義には皮膚の一部ですから、水虫になってしまうんですね〜…。
爪白癬の主な症状は、爪が白くなったり、爪が変形したりすること。

巻き爪を併発するケースも多いようですね。

 

 

爪水虫に注目!

「水虫=痒い」というイメージが強いかと思いますが、
爪白癬の場合はかゆみなどの自覚症状はありません。

…この「自覚症状がない」点が非常に厄介なところで…。
知らず知らずに感染していることが多いようで、私たちも、

かなりの高い確率で爪白癬に感染しているのだそうです。

 

なんと!10人に1人の割合で感染しているというデータまであるんです。

 

あなたも知らないうちに爪白癬に感染しているかもしれませんよ。。。

 

この爪白癬、症状が進行すると爪に厚みが出てきたり、
歩きにくくなってきたりします。

また、水虫の人がはいた靴を履くと、
水虫が感染ってしまうことがあるように、爪白癬も感染ります!

家族に爪白癬患者がいる方は、要注意です★

 

「もしや爪白癬では!?」と思う症状が出た場合は、
まずは皮膚科を受診しましょう。

 

巻き爪をはじめとする爪のトラブルは、
「何科を受診すれば良いんだ!?」と迷ってしまいがちですが、

爪も皮膚の一部。皮膚科が治療の担当になります。

 

関連記事